劇団員のご紹介
代表紹介

日下 渚
(Nagisa Kusaka)
1983年生。大分市出身。劇作家、演出家、役者。

 

高校の演劇同好会で演劇に初めて触れ、自己流で戯曲を書き始める。
大分大学演劇部にて本格的に演劇活動を開始。
県内の劇団への客演や参加を経て、卒業後2006年、演劇ユニット水中花を結成。
もっと地域に根付いた活動をしたいと、2012年、劇団水中花へ団体を進化させる。
同劇団オリジナル作品の脚本・演出を務める。

 

役者としては
宮崎芸術劇場主催「演劇・時空の旅」シリーズ#2「シラノ・ド・ベルジュラック」への出演や
あっちあられんプロジェクト東京公演への出演等、外部でも自分磨きの活動を行う。

 

脚本家としては
2010年第2回おおいた演劇祭で「卓郎記念日」が上演される。
2011年、2012年とユニバーサル劇団「まぜくる☆別府」のオリジナル脚本を手がける。
2012年にはNHK大分放送局70周年記念ドラマ「無垢の島」や、
2013年にはホルトホール大分開館記念公演「もったいないばぁばと豊の花」の
脚本を担当し活動の場を広げている。
2014年夏に公演した「あなた、咲いた」が、2015年九州戯曲賞最終候補作品に選ばれた。

役者紹介


河野 芽依
(Mei Kouno)
あだ名は「ちる」。
演じることに興味があり、高校卒業後、お芝居が目一杯できる場を欲していた。
2012年1月、劇団水中花の立ち上げ稽古に参加し稽古場の雰囲気を気に入りすぐに入団を決意。
第一回公演ではスタッフとして参加。
小道具、美術製作担当。

 

 

-主な出演作品-
2012年7月「君の歌がきこえる」:上川先生役
2012年12月「神様の苗木」:セロ役
2013年12月「クラムジー・ホーリー・ナイト」:新藤真琴役
2014年7月「あなた、咲いた」:今村茜役
2014年12月「君の歌がきこえる」:恵役、他


吉元 栄治
(Eiji Yoshimoto)
通称「ペンシル(ペンさん)」

 仕事で営業をしているときの自分の顔の怖さに気づき(笑)自然に笑顔を作れるようになる方法はないものかとネットでいろいろ探している中で水中花のHPにたどり着く。

 2度のワークショップで論理的かつ仕事にも応用しうる実践的な演劇の奥深さを知り、即入団を決意。団長や諸先輩方からの指導に日々刺激を受けている。制作にも関心あり。

 

-主な出演作品-
2013年12月「クラムジー・ホーリー・ナイト」
マサ役
2014年7月「あなた、咲いた」
吉岡賢太郎
2014年11、12月「君の歌がきこえる」
ピアノ演奏、他
2015年5月「funny funny」
怪獣ドンドン、歯医者さん役


アニック 上田
(Ueda Anick)
役者志望。通称「アニー」。

1976年生まれ、宮崎市出身
一時は気の迷いから歌って踊れるアイドルを目指していたが35歳の時に宮崎の劇団にお世話になることになった。
仕事の都合で大分へ。所属する劇団を探していたところ、ひょんなことから水中花にお世話になることになり2014年5月正式に入団。現在に至る。

 

 

 

-主な出演作品-
2014年11、12月「君の歌がきこえる」
上川先生、影役、他
2015年5月「funny funny」
キャラメル王子役


矢羽田 アイ
(Ai Yahata)
役者志望

小さい頃からテレビが好きでテレビで芝居をしている俳優に興味を持ち芝居にも興味を持つ。
大学生になり、芝居を出来る場所を探し「劇団水中花」と出会う。
スタッフ業にも興味がありこれからは役者としてもスタッフとしても活動出来る様になりたいと思っている。現在は主にスタッフとして音響などで活動中。

 

 

 

-主な出演作品-
2014年11、12月「君の歌がきこえる」
優奈、近所の人、他


井上 美和
(Miwa Inoue)
役者志望。通称サリー。
中学の時から声優に興味があり、声を出し、体を動かし、何かを表現することが好きでした。
高校時代には文化祭で踊ったりとか…
友人の誘いで水中花を知り、稽古の見学。
「あなた咲いた」の公演を観劇して即入団。
これから力をつけていきたいと思ってます。

 

 

-主な出演作品-
※準備中です


城全 彬義
(Moriyoshi Shirozen)
役者志望。通称ぜんくん。
子供の頃から何かになりきる事が好きだったが、学生時代に演劇部等は無く、演劇とはあまり縁の無いまま社会人になる。しかし、演劇をしてみたい気持ちは変わらず、できる場所を探していた。そんな中、劇団水中花を知り、2015年12月に入団。人の心をしっかりと理解し、演じることが出来る役者になりたいです。

 

 

-主な出演作品-
※準備中です


麻生 幹太

(Kanta Asou)

役者志望。

コミュニケーションの苦手な自分を変えたいと思い、演劇の出来る場所を探していた。

そんな時、HPで「劇団水中花」を知り、2016年6月に入団を決意。

 

 

 

-主な出演作品-
※準備中です


那木

(Nagi) 

 

 

-主な出演作品-
※準備中です


西村 涼

(Ryo Nishimura) 

 声優を目指し頑張っていたが、自分では厳しいと思い断念。

しかし舞台を見て心動かされ、お芝居をしたいと思い劇団を探していたところ、友人に誘われ、

2017.5月入団を決意。 

-主な出演作品-
※準備中です